UT-VPNのビルド方法(Ubuntu 12.04)

UT-VPNのビルド方法についてのメモ
Ubuntu12.04で確認しました.(Ubuntu 10.04あたりからも同じだと思います)

追記(10/28):
改訂しました.
https://gist.github.com/3967209#file_ut_vpn_install_guide_for_linux.md

UT-VPNのtar ballを取ってくる.

wget "http://utvpn.tsukuba.ac.jp/files/utvpn/v1.01-7101-public-2010.06.27/Source%20Code%20(Win32%20and%20Unix)/utvpn-src-unix-v101-7101-public-2010.06.27.tar.gz"
tar xzvf utvpn-src-unix-v101-7101-public-2010.06.27.tar.gz
cd utvpn-unix-v101-7101-public/

必要なパッケージをインストール.

sudo apt-get install libssl-dev libiconv-hook-dev libreadline-dev libncurses5-dev
./configure

を実行し,環境にあわせて選択.

ここで
http://wiki.livedoor.jp/taiki_kondo/d/UT-VPN/Debian#content_1_2_6
によると,OpenSSLのバージョン違いでビルドしても実行時にSEGV(Segmentation Fault)してしまうようです.

1.0系に対応させたほうが良いと思うので,

cd src/Mayaqua/openssl/
cp /usr/include/openssl/* ./
cd ../../../
make -j4

makeが終わったら

./output/utvpncmd/utvpncmd

を実行して,3の「VPN Tools」を選び

Check

して,合格がすべて揃えばきちんと動作すると思います.
ダメなときは何かライブラリが足りない可能性があるので,
http://utvpn.tsukuba.ac.jp/files/utvpn/v1.01-7101-public-2010.06.27/UT-VPN_Startup_Guide_for_UNIX.pdf
のマニュアルで確認しましょう.

最後に,システムにインストールするときは,

sudo make install

で完了です.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください