MBRを消去

MBRの領域を,消したい時ってありませんか?
僕の場合だと,メーカー製PCにLinuxを入れているので,修理とかに出すとなると保証対象外になっちゃいますよね。

ただ単純に,パーティションを削除してディスク全体にフォーマットを掛けても,MBR(マスターブートレコード)にある,ブート情報は消えません。なので,MBRを消す方法が必要になります。

Windows用のソフトもあるのでしょうが,ここではUNIX系コマンドの,「dd」コマンドを利用したいと思います。(僕は,LinuxのLiveCD上から,作業を行いました。)

以下のコマンドです。

dd if=/dev/zero of=[削除したいドライブ] bs=512 count=1

これを実行することで,任意のドライブのMBR領域を消去することが出来ます。

「dd」コマンドは,バックアップ,リストアなどにも有効なコマンドです。

また,このコマンドは柔軟であるがゆえに,慎重に扱わないと不意な操作で,意図しないデータの消去や,上書きが行われる可能性が十分にあります。自己責任で慎重に,作業を行ってください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください