Mac OS XでASP.NET 5開発環境構築(with Visual Studio Code)

MicrosoftからASP.NETがオープン化されてしばらく経ちました。前々から興味があったので、試しに開発環境構築をしてみます。

ASP.NETは昔は、Windows ServerのIIS上でしか動作せず、業務系のアプリケーション開発でよく使われていそうなイメージがあります。(その程度の知識しか持ち合わせていません…)

しかし、Windows Azureが登場してから、一気にASP.NETを利用する敷居が下がったのではないでしょうか?これまでオンプレミスのみで動作していたところから、クラウド化によってWindows Serverの利用が容易になりました。そして、ASP.NETのオープン化やVisual Studio Codeの様な、LinuxやMac OS Xでの開発環境を提供したことで、これからのWeb開発の選択肢にASP.NETが1つ加わったのではないかと思っています。

これまで、Web開発にはRuby on Railsをずっと使ってきました。最近は業務系のWebアプリケーション開発をよく行っているため、案件によっては社内サーバにデプロイする可能性も増えています。そこで、クラウド上(Windows Azure)とオンプレミス上(Windows Server)のどちらにもデプロイが行いやすい、ASP.NETを採用できないか考えていました。

正直なところ、Visual Studio自体は素晴らしい開発環境だと思うのですが、Windowsの使い勝手が悪く、その点で敬遠していました。Visual Studio Codeも公開され、いよいよ採用のチャンスかなと考えています。

それでは、本題の開発環境構築へ。

Continue reading